久末居宅介護支援センター
トップページ > 川崎市久末老人デイサービスセンター > 久末居宅介護支援センター > ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは

居宅介護支援事業者と介護支援専門員(ケアマネジャー)

居宅介護支援事業者は、介護を必要とする方が、適切な介護サービスを利用できるよう、本人や家族の要望を聞きながら、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成や見直し、サービス事業者や施設との連絡・調整を行う、都道府県の指定を受けた専門機関です。

ここで実際に相談に応じたり、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成するのが、保健、医療、福祉など介護の幅広い知識を持つ介護支援専門員(ケアマネジャー)です。

ケアマネジャー業務について

1. 相談・受付

病院、家族、地域包括支援センターから紹介

2. 初回自宅訪問

契約・サービスへの希望・心身の状況、置かれている環境などから生活全般の解決すべき課題の分析・把握

3. ケアプラン原案作成

総合的な援助の方針・サービスの目標及び達成時期・サービス内容、種類、頻度
⇒ 利用するサービスの調整

4. 担当者会議

自宅にてサービス事業者と同行訪問し会議を開催

5. ケアプラン確定・利用者の同意

6. サービス利用開始

7. モニタリング

毎月1階自宅へ訪問し、本人・家族と面会し状況確認

8. 実績確認

サービス利用している事業者からの利用状況を確認

9. 更新申請

有効期間前に認定調査

10. 担当者会議

認定結果後に3〜10まで繰り返します。

ページの一番上に戻る